炭火で丁寧に焼き上げる焼き鳥のテイクアウト専門店【鮒忠五反野店】~焼き鳥の「心残り」って?~

焼き鳥の「心残り」とは?

焼き鳥の「心残り」とは?

子どもから年輩の方まで、焼き鳥は日本中で広く愛されています。焼き鳥の様々な部位がある中で、「心残り」という部位があるのをご存知でしょうか。「心残り」とは、ハツ(心臓)とキモ(肝臓)の間にあるお肉のことで、「はつもと」「つなぎ」という名前で出している焼き鳥屋さんもあります。

1羽から5gほどしか取れない非常に貴重な部位で、1本の串を作るためには7~8羽の鶏が必要となります。独特の食感と旨味が詰まった濃い味が、一度食べるとやみつきになるはずです。

「心残り」の名前は、ハツ(心臓)の残り=「心残り」に由来しています。あまりに小さい部位である「心残り」は、使い物にならないために捨ててしまうことが多いことから、このような名前が付けられました。

「心残り」は非常に珍しい部位のため、取り扱っているお店は多くはありません。【鮒忠五反野店】では、そんな心残りをご用意しています。レギュラーメニューではありませんが、焼き鳥好きの方にはぜひ一度味わっていただきたい部位です。

焼き鳥のテイクアウト専門店【鮒忠五反野店】が取り扱っている「心残り」はどんな味?食感は?

焼き鳥のテイクアウト専門店【鮒忠五反野店】では、心残りを取り扱っています。希少部位である「心残り」は、独特の食感と旨味が詰まっています。食べたことがないという方は、どのような味・食感なのか気になりませんか?

まず、味は非常に濃厚で、旨味がギュッと凝縮されています。食感は皮のようにプリッとした弾力があり、噛むごとに脂が溶けだしてきます。まだ味わったことがないという方は、ぜひ「心残り」独特の食感と味を堪能してください。

【鮒忠五反野店】は炭火で焼き上げる様子をライブキッチンで楽しめる!

【鮒忠五反野店】は炭火で焼き上げる様子をライブキッチンで楽しめる!

焼き鳥のテイクアウト専門店【鮒忠五反野店】では、「心残り」を限定販売しています。「心残り」のほか、希少部位であるまぼろし串として「塩つくね」「塩レバー」「カレー手羽」などもご用意しています。

店舗では、炭火で丁寧に焼き上げる様子をライブキッチンでお楽しみいただけます。美味しい焼き鳥をお買い求めの際は、焼き鳥のテイクアウト専門店【鮒忠五反野店】へお越しください。

焼鳥を持ち帰りでおいしく食べるなら【鮒忠五反野店】

焼き鳥をテイクアウトするなら【鮒忠五反野店】へ

店名 鮒忠五反野店
住所 〒120-0011 東京都足立区中央本町2-26-12サミットテナント
電話番号 03-3887-2154
営業時間 9:00~20:00
定休日 サミット様と同じ日
席数 なし。持ち帰り専門。
駐車場 サミット様の駐車場をご利用ください。1000円以上で2時間無料
URL https://funachu-gotanno.com/